• Blog
  • Contact

HOME > ロビンズネストベビー・ブログ > 鈴茂 佑太さん、福岡中学生

ロビンズネストベビー・ブログ

< 手足口病、子供英会話福岡市中央区六本松校  |  一覧へ戻る  |  絵本「しょうがっこうがだいすき」福岡英会話ロビンズ・ネスト >

鈴茂 佑太さん、福岡中学生

鈴茂 佑太さん、福岡中学生

この写真の男の子は、12才、中学一年生、鈴茂 佑太さんです。

天才キッズです。

ドローン を使って撮影した映像を作るクリエイターです。

デジタルハリウッドロボティクスアカデミーが、2016年から年に一度「DroneMovieContest」と称して、ドローンの映像作品のコンテストを開催しています。

その大会で、佑太君は、「Freeride World Qualifier 2019 @Maiko」を制作して、弱冠12歳で、最年少ファイナリストとなりました。

大会には、全国からドローンの映像作品が寄せられて、審査を行われ、ファイナリストとなりました。


今回で4回目となる
この「DroneMovieContest」を始めるきっかけはなんだったんでしょう?

2015年頃、首相官邸にドローンが落ちたり、お祭り会場でドローンが落ちるなど、ドローンに対するネガティブなニュースが多数流れました。結果的に法律が改正されるなどドローンを取り巻く環境が大きく変わったりました。その中で、ドローンを活用することの素晴らしさ、ポジティブな活用事例を普及していく必要性から、「DroneMovieContest」がスタートしたそうです。
年々作品のクオリティは上がり続け、今では日本有数のドローン映像コンテストとなっているようです。応募作品の撮影場所は日本のみならず海外の映像も多数あり、世界の素晴らしい景色を発信するコンテストになっています。

作品の応募条件は3分以内の映像で、かつ映像の半分以上をドローンで撮影していることが条件となります。特にジャンルの指定はなく、各自様々なテーマを持った映像作品を応募するそうです。

佑太君は、自分てわドローン を飛ばし空撮したものを自分で編集して映像を造っていますが、そのクオリティーの高さはとても12才とは思えないもので大人を驚かせています。

これからは、こんな天才が次々と現れていくのでしょうね。

0才から大人までの英会話ロビンズ・ネスト
代表取締役 中野 浩美

福岡市中央区平尾校
福岡市中央区六本松校
福岡市早良区西新校
福岡市東区香椎校
春日市春日公園春日校
筑紫野市美しが丘筑紫校





iPhoneから送信


< 手足口病、子供英会話福岡市中央区六本松校  |  一覧へ戻る  |  絵本「しょうがっこうがだいすき」福岡英会話ロビンズ・ネスト >

このページのトップへ