• Blog
  • Contact

HOME > 子どもをバイリンガルに育てるには

子どもをバイリンガルに育てるには

適切な環境に整えればバイリンガルに育つ!英語教育を真剣にお考えのパパ・ママへ

どの子も適切な環境さえ与えられれば、語学を習得することができます。日本で育っている子はみな自然と日本語を話せるようになるわけですから、英語ができない理由は環境にあるでしょう。ですから、ロビンズ・ネストでは子供たちがバイリンガルに育つ環境を整え、教室でのレッスンはもちろん、ご家庭での英語教育のサポートも行っています。


バイリンガルに育つ環境とは?

その環境とは、ずばり時期・質・量です。できるだけ早い時期から学習をはじめ、上質の英語になるべく多く触れる。そして、お子さんが楽しんで学習できるよう、やる気を伸ばしていってあげれば、子供たちは日本語も英語も使えるバイリンガルに育ちます。このことは、私の経験からも明らかであると言うことができます。


できるだけ早い時期からはじめる英語学習パパ・ママの熱意がバイリンガルの下地をつくる

英語教育はいくつからでもはじめられますが、ロビンズ・ネストではなるべく早く、できるなら胎教からはじめていただくことを推奨しています。生まれてからではなく、お腹のなかで育っている段階から英語教育をはじめることで、バイリンガルの下地ができあがります。特に聞き取り能力は幼い頃にしか成長しませんから、この頃に英語のシャワーを浴びせることは英語耳を育てるうえでとても大切なことなのです。
ここで、少し私の話をさせてください。私は2児の母親で、英語教育は胎教からはじめました。お腹のなかにいるときから英語の歌を聴かせ、生まれてからも同じ歌を聴かせてあげて......。出産後も英語に囲まれたなかで子育てをした結果、2人ともバイリンガルに育てることができました。ですが、何も特別なことをしたわけではありません。先ほど申し上げたように環境を整え、そして子供のやる気を伸ばしていっただけです。


bilingual_ttl04.gif

週一回の英会話レッスンだけで話せるようになるわけはありません。ママと一緒に、またご家族みんなで一緒に英語を学び、楽しく学べる環境をつくってあげましょう。毎日の積み重ねが、バイリンガルを育てます。

お母さん、お子さんはあっという間に成長して大人になってしまいます。一生に一度しかない大切な時期です。楽しみながら、一緒に英語教育をしていきませんか?
私たちが精一杯サポートさせていただきます。一緒に頑張っていきましょう。


このページのトップへ