• Blog
  • Contact

HOME > 代表よりパパ・ママへ

代表よりパパ・ママへ

パパ・ママへのメッセージ

どの子も適切な環境さえ与えられれば、語学を習得することができます。
日本で育っている子はみな自然と日本語を話せるようになるわけですから、英語ができない理由は環境にあるでしょう。ですから、ロビンズ・ネストでは子供たちがバイリンガルに育つ環境を整え、教室でのレッスンはもちろん、ご家庭での英語教育のサポートも行っています。


代表プロフィール

ロビンズネスト代表・中野浩美

昭和35年11月2日生まれ
福岡県久留米市出身
2児の母

ブログはこちら

福岡教育大学在学中、日本文部省奨学金制度により、オーストラリアGriffith University留学。帰国後、同大学卒業(教育学士)教員免許取得。
その後世界40余国を単独で歴訪。

昭和63年結婚。長男を出産。胎教から取り組んだ英語教育を出産後も実践することによって、1歳半には英単語数百を理解でき、3歳になると日常会話を英語でスムーズに話せるまでに。長男は、小学校の単身ニュージーランド留学を経て、灘高校進学、現在九州大学医学部医学科在学中。長女は小学校の単身アメリカ ホームステイを経て、現在は早稲田大学国際教養学部在学中。また、英語スピーチコンテストでは、全国高校生英語スピーチコンテスト全国優勝、上智大学英語 スピーチコンテスト入賞他、多数の優勝・優秀賞受賞(当校HP上で、スピーチの動画を配信中)。

10人の育児サークルからはじまった活動も、英会話スクール6校(六本松校、平尾校、西新校、香椎校、春日校、筑紫校)、講師10人、生徒数は1,000人を超える。現在は、教材研究、外人講師の研修、母親クラスの指導、スピーチコンテスト指導、英検指導、高校・大学入試対策、親子留学サポートのほか、イベントの企画などに奮闘中。

経歴

  • 福岡教育大学付属久留米中学校
  • 福岡県立明善高校
  • 福岡教育大学 教育学士
  • 日本文部省奨学金制度にてオーストラリア Griffith University(グリフィス大学)留学
  • GEOS英会話スクール一般校 専任講師(6年)
  • 世界40余国 単独歴訪
昭和63年 結婚
平成2年 長男出産
平成4年 親子英会話 春日サークル発足
平成5年 親子英会話 久留米サークル発足
平成6年 長女出産
平成7年 長男 ニュージーランド 幼稚園 留学(4才)
中国語サークル活動開始
平成8年 長男台湾幼稚園留学(5才)
〔2月〕英会話ロビンズ・ネスト 春日校・久留米校 開校
〔3月〕お母さんのための英会話クラス開設・親子中国語クラス開設
〔5月〕英会話ロビンズ・ネスト 平尾校 開校
平成9年 長男オーストラリア 留学
平成10年 長男・長女 アメリカ サマープログラム参加
〔4月〕ホームステイプログラム開始
平成11年 〔11月〕英会話ロビンズ・ネスト 西新校 開校
平成12年 〔10月〕英会話ロビンズ・ネスト 香椎校 開校
平成13年 長男 ニュージーランド単身小学校留学(10才)
平成15年 〔6月〕有限会社ロビンズ・ネスト設立
〔8月〕英会話ロビンズ・ネスト 六本松校 開校
平成16年 〔9月〕英会話ロビンズ・ネスト 筑紫校 開校
平成18年 長女 アメリカ 単身小学校 留学(11才)
〔4月〕長男 灘高等学校入学
平成20年 〔8月〕長女 福岡市中学生英語スピーチコンテスト優勝
平成21年 〔8月〕長女 福岡市中学生英語スピーチコンテスト優勝(大会初の2連覇)
〔12月〕長女 全国英語スピーチコンテスト鳳凰杯優秀賞
平成22年 〔8月〕長女 亜細亜大学英語スピーチコンテスト全国大会敢闘賞
平成23年 〔9月〕長女 亜細亜大学英語スピーチコンテスト全国大会敢闘賞
〔11月〕長女 BYU全国高校生英語スピーチコンテスト 九州大会優勝
〔12月〕長女 上智大学全国高校生英語弁論大会(ジョン・ニッセル杯) 全国大会
現在 長男 九州大学医学部医学科在学中
長女 早稲田大学国際教養学部在学中

メディア掲載情報

1997年 読売ファミリー3月号掲載

media2014001.jpg

1996年1月19日 読売新聞

results_zoom02.jpg

1994年12月2日 西日本新聞

results_zoom03.jpg

このページのトップへ